世帯年収300万円でも「おしゃれなマイホーム」が建てれるって?

「旦那の給料が少なすぎてマイホームとか建てれない!!」

と嘆いていた私ですが、最近自分好みのマイホームを建てることができたんです!

・旦那に高収入職に転職させる?
・私がパートを増やす?
・宝くじが当たる?

実は特別なことをせず
収入の今のままで

私が色々試して行き着いたお得にマイホームを建てた方法が「結局それ?笑」って感じですがシェアしときますね!
知らないと1,000-2,000万円とか損しちゃうので、将来マイホーム建てたいなら見ておいて損はないかも。

特に
・できるだけ低予算で建てたい
・家賃7万円以上のアパート住まい
・世帯収入775万円以下
の人に特にオススメです!

私がローコストでマイホームを建てた方法

旦那(36歳)会社員
私(32歳)パート
の2馬力で手取り月23~5万円

家賃8万円の1LDK+駐車場1万円のアパートに住む普通の夫婦です。

子供は2人いるので家賃光熱費、生活費、保険と払うだけで全然貯金できない環境でした…

そんな私達が今は満足のいく持ち家を建てることができました♪

県内相場が3,000万円台のところ、私達は1000万円台で注文住宅を建てれましたよ

しかもこの家の住宅ローンは月6万円!!

当時の月8万円の家賃より2万円も安い費用で住んでます。
その分を今後の子どもたちのために貯金に回せているわけです。

どうやって1000万円台で納得の家が建てれたかというと
好きなところにはこだわって無駄を省いたローコスト注文住宅にしたからです。

ぶっちゃけ、お金を掛けたくなかったら建売り物件を買うのもありですが、一生に一度の大きな買い物だからこだわりたいですよね〜、

「今の収入で夫婦好みの家建てれないかな」と軽い考えで調べ始めたのが私の最初。

まずは情報収集。

雑誌やマイホーム本、住宅展示場、モデルハウスなど色々な情報がありますが、私がオススメなのはハウスメーカーカタログ

自分の希望に沿うカタログが送られてくるのでイメージしやすく参考になるんですよ。

※住宅展示場やモデルハウスを見学に行くのは要注意
様子見なのにゴリゴリに本気な営業されてしまうので結構辛いです…w
メーカーによっては何度も電話が掛かって面倒に感じることも

今はネットでカタログ一括無料注文するのが得策です。

私は全国1300以上のカタログが集まってる『LIFULL HOME’S』が一番簡単にたくさんのカタログが貰えます。

資料請求の手順はたったの3ステップ

  • 住みたい地域を選択
  • 住宅メーカーを選ぶ
  • 要望を入力

どの住宅メーカーがいいか分からない…と思ったらとりあえず全部にチャックマーク入れても大丈夫です。

これはちょっとした裏技なんですが、1000万円のローコスト住宅を選ぶにしてもまずは3000万くらいの家の資料請求をするのがポイントです。

私が結婚式をしたときもそうだったんですが「まずは高いプランの見積もり」をもらい、いらないものを消去法で選びコストを落としていきました。

最初から1000万の資料請求をしてしまうとワクワク度が減ってしまい、家造りが楽しくなくなってしまいますしね…

申込みして数日後にはこんなにたくさんのパンフレットが届きます。

↓実際に私が送られてきたパンフレット

施工例なども載ってて読むだけで勉強になります。

住宅メーカーによって保証内容も色々違うんですね~。

実際に建てた人達の体験談なども載ってて参考になります。

 

カタログ以上に価値のある特典も!

実はLIFULL HOME’Sのカタログ一括請求をすると手に入るのはカタログだけじゃないんです!

特典して『はじめての家づくりノート』がダウンロード可能になります。

これが本当にスゴイ!

全部で36ページあるんですが、
注文住宅を建てるときのスケジュールや基本知識はもちろん、打合せや見学時ののポイントなど専門の人ならでは情報が細かく記載されています。

ネットにはなかなか載らない情報が満載なので、
家造り初心者でも長く検討してる人も必読です♪

自分の中では家づくり雑誌10冊分くらいの価値があると思ってます。
カタログと合わせて無料で手に入るだけでもプラス!

家のデザインを決めるのに自分と設計士&営業さんの3人だと設計士さんの言う通りになりがちで自分のイメージと違ってくることも多いらしいです。

そうならないためにもカタログから素敵なアイデアをリサーチして、1000万円台で自分の満足のできるマイホームを建てるのか情報収集として試してみてはいかがでしょうか♪

素敵な家を建てれること願ってます♡